EnZan Denshi > GUIDE

学びのポイント

スペシャリストを目指して

 エレクトロニクス(電子工学)は、さまざまなデジタル家電や、これをネットワーク化した情報家電に応用され、私たちの生活のあらゆるところで役立っています。これらエレクトロニクスのスペシャリストを育てるのが電子技術科です。

エレクトロニクスをハードからソフトまで

 デジタル家電や情報家電は、内部の電子回路に組み込まれたマイクロコンピュータのプログラムにより動作しています。電子技術科では、エレクトロニクスを電子回路などのハードウェアからマイクロコンピュータを制御するソフトウェアまで幅広く学びます。

基礎から応用まで無理のないカリキユラム

 電子技術科のカリキュラムはエレクトロニクスの基礎から応用までを全くの初心者でも無理なく学習していく内容になっています。また、選択授業やコース別授業等により、さらに深く専門的な内容を学ぶことができます。

「就活」も完全バックアップ

 電子技術科では、単にエレクトロニクスの知識や技術を学ぶだけではありません。これを活かして、学科の全員が企業に就職し活躍することが最終目標です。そのため、電子技術科では、学内や学外の就職支援機関と相互に連携して、学生の就職活動を全面的にバックアップしていきます。

大見出しを入力します。

授業ガイド

ハードウェア

アナログ電子回路・デジタル電子回路

analog.jpg

 OPアンプやデジタルICを用いた基本的な電子回路から、センサ回路やモーター駆動回路などの応用回路の設計・製作を行います。 また、さまざまな測定機器を用いて、電子回路の測定・評価技術も習得します。



CADによる電子回路設計・シミュレーション

cam.jpg

 CADを用いた電子回路設計やシミュレーションによる回路検証をコンピュータ上で行います。また、基板加工機による基板製作、はんだ付けを行い、実機での動作確認を行います。設計、製作、動作確認までの一連の開発.製造フローにより実践的な技術を習得します。



ソフトウェア

組込みプログラミング

micom.jpg

 身の回りにあるデジタル機器は、内部に組込まれたマイクロコンピュータによって制御されています。このマイクロコンピュータを動作させている命令が「組込みプログラム」です。電子技術科では、C言語によるプログラミングの基礎から組込みプログラミングの応用技術まで学びます。



コンピュータ制御

plc.jpg

 工場の製造ラインで用いられている制御装置を用いてコンピュータ制御の基礎から応用まで学びます。スイッチ入力やランプの点灯、モータ制御などの様々なデバイス制御を行うためのプログラムを組み、実践的な制御プログラムについて学びます。



塩山キャンパスのポイント

「エンジニアリング」と「マニュフアクチヤリング」の2本立て

選択授業によるエンジニア育成の強化

塩山キャンパスポイント.png

 数学が得意で、将来、エンジニアを目指す人は、高校で学んだ微分積分を基礎として、エンジニアに必要な数学力を身に付けます。さらに、これを応用した電子回路の解析方法までを学
びます。



ソルダリングテクニックの向上

ソルダリングテクニック.png



「はんだ付け」はプリント基板と電子部品をつなぐ重要な部分です。電子機器は、たった一か所に「はんだ付け」の不良があっても動作しません。そのため、1年次の「電子回路基礎実験」では、「はんだ付け」のスキル評価制度を導入し、基礎から企業の最先端のソルダリングテクニック(はんだ付け技術)までを学びます。



進路に応じたグループ分け



2年次の卒業研究は、エンジニアリンググループとマニュファクチャリンググループに分かれて実施します。エンジニアリンググループでは、より高度な技術に挑戦し、エンジニアに必要な知識と技術を習得します。一方、マニュファクチャリンググループでは、基礎知識や技術の再度徹底を行い、電子回路の製作技術を身に付けます。

社会適応力の向上を目指したカリキュラム



講義や実習の一部にはグループワーク形式を導入しています。グループワークを通して、社会で必要となる社会適応能力(コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、チームワークカ等)を身に付けます。