卒業研究 2年次からは、学生全員が卒業研究を選択します。
観光ビジネス科のメインとなるホテル・旅行業のゼミに加え、ブライダル産業やテーマパーク、その他の観光関連産業を テーマにゼミを設けています。
これまでに学んだ知識と技術を基に、個々の学生の進路に応じて、より専門性の高い学習にチャレンジします。 卒業研究を通じて、学生の能力を向上し、より即戦力に近い人材の育成に努めています。





13期生 北野 君

教育振興会長賞受賞テーマ(平成24年度)

「着地型観光を通じた地域振興 〜富士川を活用した町おこし〜」


● 卒業研究では、地域が有する観光資源を活用し、人を迎え入れ、町づくり地域振興を図る「着地型観光」について調査しました。 実際に身延町富士川で行われている。「ラフティング事業」についてヒアリング調査を行い、取り組みに至った経緯や事業を通じた効果について確認しました。 収益性や集客の難しさなどの課題を抱えながらも、地域に活動が生まれていることを実感しました。着地型観光の取り組みは全国で広がりつつありますが、 全ての取り組みが成功している訳ではなく、まだまだ発展途上の段階にあります。今後、着地型観光が成熟した旅行商品として定着し、 地元山梨をはじめとする全国の地域振興に繋がっていくことを期待します。


     
平成24年度卒業研究テーマ アニメツーリズムについて 〜アニメで地域振興
甲州市の観光への取り組み
山梨県のおもてなし条例と他県の様子
外食産業の現状とサービス向上への取り組みについて
着地型観光を通じた地域振興 〜富士川を活用した町おこし
フィルムツーリズムと山梨におけるロケ地観光
被災地の観光と現状、復興について
ブライダルの現状と評価
東北3大祭の経済効果について
小田急電鉄と箱根観光
韓国の文化と観光振興
富士急ハイランドの人気の理由と今後の課題
地域振興とご当地
地ビールの変遷と今後の課題について
日本のホテルに変化をもたらした要因の分類
東海道新幹線の発展と観光への波及効果

                                          
平成23年度卒業研究テーマ ホテル業における顧客満足への取り組みについて
日本のスパ施設の概要と課題
宿泊型特化型ホテルマーケットの発生と今後
山梨県産ワインの現状と課題
山梨県におけるインバウンドの現状と今後
富士山、世界遺産を目指して
フィルムコミッションにおける地域活性化の可能性について
富士五湖観光の現状と今後の発展
石和温泉の現状と集客のための取り組み
観光業界の顧客満足とこれから
道の駅の魅力 〜水と観光〜
山梨のブランドとイメージ
日本への中国人観光客のこれから〜生活習慣やマナーの違い〜
婚礼衣装のトレンドと実態調査
清里における観光の発展経緯と今後
草津温泉の取り組みと魅力の分析
東京ディズニーリゾートにおける危機管理の取り組み
口コミサイトに見る婚礼施設の評価
スポーツツーリズムとサッカー
B級グルメのまちおこし
勝沼の観光
映像作品がもたらす観光への影響について
各国のディズニーリゾートの比較と国民性


平成22年度卒業研究テーマ ブライダル産業における専門式場のポジション
甲府観光の今後と発展について
高齢者と余暇
TDRの集客戦略と今後
富士山麓におけるエコツーリズム
山梨県産ワインの現状と課題
石和温泉における地域活性化の取り組み
山梨県における外国人観光客誘致の現状と課題
募集型企画旅行における顧客満足について
日本のインバウンド
サービスのマニュアル化
コミュニケーションと笑顔の効果
日本と海外のホテル分類の比較
冠婚葬祭について
フランス料理の現在と今後について
フードサービス業におけるサービス向上への取り組み
日本のリゾートホテルのポジションについて