【授業紹介】「電子回路製作実習Ⅰ」 LTCに緊急自動ブレーキ搭載 電子技術科(塩山キャンパス)

2017年06月07日

こんにちは。あんどくんです!

電子技術科(塩山キャンパス)を精いっぱいPRしているよ!応援よろしくね☆彡

2年生の「電子回路製作実習Ⅰ」では、LTC(ライントレースカー)を製作しながら、リアルに電子回路を学んでいるんだよ。今年は、LTCに緊急自動ブレーキの機能を搭載する予定なんだ。今回は、平成29年5月26日(金)に実施した授業の様子をチョットだけ紹介するよ!

 

前半で、測距センサを応用した緊急自動ブレーキ回路を設計したんだ。障害物までの距離が10センチで緊急自動ブレーキが動作、30センチで解除。

さっそく、ブレットボードに試作回路を製作して、リアルに動作確認。

回路図をみながら、正確に回路を製作していくんだ。

 

わからないところは、南湖 講師と土橋 講師にアドバイスをもらいながら進めていくんだよ。

 

NS君、試作回路が完成。

障害物に反応して緊急自動ブレーキが動作するか、緊張の一瞬!

 

うまくいったみたい。

土橋 講師にアドバイスをもらいながら、緊急自動ブレーキが動作するポイントを調整中。

 

NM君も、手のひらを障害物に見立てて、緊急自動ブレーキの動作を確認中!

こちらもうまく動作したみたい。

 

全員、試作回路で緊急自動ブレーキ回路の動作を確認完了!

次回からは、いよいよ電子回路基板の配置・配線図の設計がスタート。

続きは、また次回紹介するね☆彡