【サイエンスラボ】日川高校1年生がラズパイのプログラミングをリアルに体験! 電子技術科(塩山キャンパス)

2017年08月03日

 

こんにちは。あんどくんです!

電子技術科(塩山キャンパス)をPRしているよ!みんな、応援よろしくね☆彡

産短大(塩山キャンパス)では、平成29年7月28日(金)に、日川高校SSH1年生の「サイエンスラボ」を実施したんだ。電子技術科では、世界中で話題の超小型コンピュータ「ラズベリーパイ」のプログラミング講座を1日かけて開講したよ。

 

電子技術科(塩山キャンパス)の「サイエンスラボ」には、10名の生徒が参加してくれたんだ。

 

まずは、施設案内をしながら、電子技術科で学べることを紹介したんだ。

磁石の力で浮上するUFOの実験にも挑戦したんだよ。

みごと、浮上に成功 ヽ(・∀・)ノ

 

そのあと、会場に移動して、いよいよ「サイエンスラボ」がスタート。

担当は、飯田 講師だよ。

 

みんな、プログラミングは初めてなので、「ラズベリーパイ」(ラズパイ)のプログラミングを基礎から勉強したんだ。

 

プログラムは、「パイソン」っていう言語でつくっていくんだ。

みんな、すぐに、for文、while文、if文の使い方をマスターしたよ。すごいなぁ~。

 

ここからは、いよいよラズパイに電子回路を接続して、ラズパイのプログラムで電子回路を動かしてみるよ。

 

最初に、LEDを光らせるプログラムをつくったんだ。

LEDが光ったね、やったぁヽ(・ω・)ノ

LEDを点滅させたり、スイッチを押すとLEDが光るプログラムもつくったよ。

 

山梨県の広報誌「ふれあい」の取材もあったんだよ。

カメラマンさんに激写!

他のみんなも、インタピューされたんだ。

 

取材のあとには、温度センサを使った温度計のプログラムに取り組んだよ。 温度がモニタに表示されるんだ。

だんだんプログラムが複雑になってきなぁ。

 

プログラムが無事に完成!

温度センサを指で触って温めると・・・、表示温度が上がってきたよ。やったね ヽ(´ω`)ノ

 

最後は、今まで学んだプログラムを組み合わせて、温度をLEDバーに表示する、LEDインジケータのプログラムに挑戦したよ!

 

今日1日、はじめてのことはかりで疲れたね。

みんな、よくがんばったね (・ω・)v

 

産短大(塩山キャンパス)の「サイエンスラボ」に参加してくれて、ありがとう。

今日、みんなが勉強したことは、今流行のIoTの基礎となる技術なんだよ。この分野は、今後ますます発展が期待されているんだ。

みんな、また、産短大(塩山キャンパス)に遊びにきてね (/^-^)/

それじゃ≡3≡3≡3