学びのポイント

ものづくりのエンジニアを育成

これからの日本のものづくりに欠くことのできない基幹技術として「CAD/CAMシステム」「精密加工」「FA生産システム」があります。

生産技術科では、これらの技術の基礎をわかりやすく学び、ものづくり全体を見通すことができるエンジニアを育成するようカリキュラムを工夫しています。


効率的に設計を行うCAD/CAMシステム

CADとは、コンピュータを用いて設計・製図を行うシステムです。また、CAMとはCADで設計された設計データ(形状データ)から加工プログラムを作成するシステムです。

これらを統合したCAD/CAMシステムとは、解析・設計・製図・加工といったものづくりのプロセスを効率的に行うためのツールです。

生産技術科では、CAD/CAMシステムの基本機能をマスターし、使いこなす技術を学びます。


次代を支える精密加工技術

海外のメーカーが台頭する現在、日本国内の企業には他国ではできない高付加価値加工が求められています。その中にはサブミクロン単位の精度を要求される加工もあり、今後精密加工技術はますます重要となっていきます。

生産技術科では、加工実習などをとおして精密加工の基礎を学びます。


高度化するFA生産システム

工場生産を自動化(FA:ファクトリーオートメーション)するためには、モーターの回転運動を直線運動に変えたり、各種機械をコンピュータなどにより制御することが必要です。

生産技術科では、カムやリンクなどの機構による運動の変換、コンピュータによる機械制御について基礎から学びます。

授業ガイド

手描きによる機械製図

設計者たるもの、正しく図面を読み、正しい図面を描くことが求められます。まずは、手描きでの製図をとおして機械製図の決まりを学ぶと共に、設計プロセスを知り、設計力を養い、CADの性能限界にとらわれない自由な設計思想を持った人材を育てます。


CAD/CAM実習

2次元CADを使った機械設計や、3次元CADを使ったモデリング、CAMによる加工プログラム作成、3Dプリンタによる試作や数値制御工作機械による加工までを学び、自ら設計、試作、製作できる人材を育てます。


数値制御工作機械による実習

切削工具の経路をプログラムし、自動加工を可能にする数値制御工作機械の実習を行います。加工プログラムや段取り作業について学び、数値制御工作機械を使いこなせる人材を育てます。


自動化システムの設計・製作

ロボット、自動化ラインといったファクトリー・オートメーションシステムの制御について学び、機械装置の動きを設計・制御できる人材を育てます。