【授業☆しょ~かい】『AI』とクルマの『自動運転』について学んだんだよ!(後編) 電子技術科(都留キャンパス)No.445

2021年08月05日

令和3年7月19日(月)『後編』:
こんにちは。あんどくんです。
電子技術科をPRしているよ ☆彡
みんな、令和3年もリアルに応援よろしくね (`・ω・´)ノ
産短大は、前期授業がスタートして16週目なんだよ。
今日、令和3年7月19日(月)『後編』では、3,4限におじゃました1,2年生の『プログラミング演習』の後半について紹介するよ。

この授業では、いま世界中が注目している最新のプログラミング言語『パイソン』によるプログラミングを、『ドローン』や『ロボット』などをリアルにプログラム制御しながら学んでいるんだよ。昨年は『ドローン』を制御したんだ。で、今年は戦車型ロボット『オムニ・ローバー』を制御していくんだよ。

令和3年7月19日(月)の『後編』では、『AI』の概要と、『AI』を応用したクルマの『自動運転』について学んだんだよ。

はじめに『AI』の概要について学んだんだ。
人間』は自ら『知的にふるまう』ことができる『いきもの』で・・・
AI』は『人間』と同じ、もしくはそれ以上の正確さと早さで、人間のふるまいを『人工的に再現するもの』なんだよ。

 

で『AI』を実現させる一つの手法に『機械学習』があるんだ。機械学習』にはいろいろな種類があって、その一つが『ディープラーニング』なんだよ。
ディープラーニング』をはじめとする『機械学習』の技術は、『IoT (Internet of Things: モノのインターネット) 』の技術に支えられているんだ。
それで、この『IoT』の技術を支えているのが『パイソン言語』なんだよ。
クルマの『自動運転』には『AI』の技術が応用されているんだよ。クルマの『自動運転』では、『AI』が『人間』と同じ、もしくはそれ以上の正確さと早さで、クルマの運転操作をするんだね。

 

自動運転』には0から5までのレベルがあるんだ。
レベル0~2までが『運転支援』で、レベル3~5までが正味の『自動運転』になるんだよ。

 

これら二つのグループの境界は、運転の主体 (運転の責任者) の違いなんだ。
レベル0~2までが『運転者』で、レベル3~5までが『クルマ (システム)』になるんだ。

 

現時点で実現されている『自動運転』の世界一は、ホンダの『レジェンド』っていう車種でレベル3なんだよ。

ここからは、南湖 准教授がレベル0~レベル5までの一つひとつを詳しく説明したんだ。

[レベル0]運転者』がすべての運転操作をするんだ。
センサ類がブレーキの必要性や死角にいる人の情報を『運転者』に知らせてくれるんだよ。

 

[レベル1]クルマ (システム)』がステアリング操作もしくは加減速のいづれかを制御して『運転者』をサポートするんだ。
たとえば白線をセンサやカメラが認識して、白線からはみ出ると、『クルマ』の位置をもとにもどしてくれるんだ よ (『クルマ (システム)』がステアリング操作をするんだね)。

 

[レベル2]クルマ (システム)』がステアリング操作加減速の両方を制御して運転操作をサポートしてくれるんだ。

 

[レベル3] 現時点で、実用化された最高水準のレベルなんだよ。
すべての操作を『クルマ (システム)』が行うんだ 。ただし、緊急時は『運転者』が操作するんだよ。
また『クルマ』を運転する場所が、特定の場所 (高速道路) に限定されているんだ。

 

[レベル4] 特定の場所で、すべての運転操作を『クルマ (システム)』が行うんだ。で、緊急時も『クルマ (システム)』が運転操作するんだ。

 

[レベル5] あらゆる場所で、交通の状況に応じて『クルマ (システム) 』がすべての運転操作を行うんだよ。

自動運転』の説明についてはここまで。

ここからは『オムニ・ローバー』の『自動運転』のプログラムを、PAD』で設計したんだよ。

ここでは走行中に前方に『障害物』があると『自動停止』するプログラムをつくっていくんだ。
モータによる加減速の制御をするからレベル1に対応するんだね。

 

まずは必要なライブラリを書きだしたんだ。

 

南湖 准教授が『PAD』でプログラムを設計する様子を、『書画カメラ』でモニタにうつしながら解説したんだ。
オムニ・ローバー』が0.5秒間隔で前方の『障害物』をセンシングしながら前進するんだよ。
で、もし前方に『障害物』があればブレーキをかけて『緊急停止』して、break文 で無限ループ強制的に脱出して・・・

 

緊急停止』のメッセージをモニタに表示するんだよ。

今回はここまで。

今日は帰りが遅くなったんで、『文大前駅』から『大月駅』までは『富士回遊号』に乗車したんだ よ≡3
大月駅』からは、いつもの『211系』で『甲府駅』まで向かったんだ。

みんな、今日も1日おつかれさま☆彡
次回は『PAD』で設計した『自動停止』のプログラムをコーディングしていく予定だよ!
今日も『産短大の毎日』をみてくれてありがとう!
また、明日からがんばろっ٩( ‘ω’ )و

それじゃ≡3 ≡3 ≡3

★バックナンバー★

2020年度
電子工学の理論を学ぶ授業・・・https://www.yitjc.ac.jp/yitjc/blog/?p=15087
最新の電子技術 (IoT) を学ぶ授業・・・https://www.yitjc.ac.jp/yitjc/blog/?p=15051
最新の電子技術 (パイソン言語) を学ぶ授業・・・https://www.yitjc.ac.jp/yitjc/blog/?p=15018
就活準備の授業・・・https://www.yitjc.ac.jp/yitjc/blog/?p=15076

2019年度
電子工学の理論を学ぶ授業・・・https://www.yitjc.ac.jp/yitjc/blog/?p=9556
最新の電子技術 (IoT) を学ぶ授業・・・https://www.yitjc.ac.jp/yitjc/blog/?p=9534
就活準備の授業・・・https://www.yitjc.ac.jp/yitjc/blog/?p=9604

★学生募集中★

県内イチ♪ 最新の設備と最高のスタッフで、みなさんをお待ちしています♪ 2年間で電子工学の理論を学んで、最新の電子技術を身に付けるんだったら、『電子技術科☆都留キャンパス』で決まりだね!詳細はお問い合わせください。

★お問い合わせ先★

山梨県立産業技術短期大学校 都留キャンパス
〒402-0053 山梨県都留市上谷5-7-35
TEL 0554-43-8911(代)