職業能力開発審議会のみなさんから貴重な意見や感想をいただきました 電子技術科(塩山キャンパス)

2017年09月04日

 

こんにちは。あんどくんです!

電子技術科(塩山キャンパス)をPRしているよ!みんな、応援よろしくね☆彡

平成29年8月29日(火)に、職業能力開発審議会のみなさんが産短大(塩山キャンパス)の4学科を見学され、貴重な意見や感想をいただきました。

今回は、電子技術科(塩山キャンパス)での見学の様子を紹介します。

 

はじめに、井上 学科長が学科を代表して、電子技術科(塩山キャンパス)の基本方針と取り組みについて説明しました。電子技術科(塩山キャンパス)では、いま、世界中で注目されているIoT: Internet of Things (モノのインターネット)の基礎として

・マイコンの組込みプログラミング

・センサ回路で重要な電子回路

について学んでいます。

 

2年次には、大学と同じように、ゼミごとに卒業研究に取り組んでいることや、卒業研究の成果について紹介しました。

また、数学が得意で、将来、設計職を目指す学生については、選択授業で、大学と同じように、フーリエ変換やラプラス変換を使った電子回路の解析方法についても学んでいます。

 

また、「Pepperアトリエサテライト甲府」と協力して、県内でははじめて授業に「Pepperアプリ制作」を本格的に導入し、最先端のプログラミングについても学んでいます。

 

次に、南湖 講師が担当する2年生の授業「アナログ電子回路実験Ⅱ」を見学しました。

この授業ではファンクション・ジェネレータを題材として、これを各要素に分解して、要素ごとの動作原理を講義だけでなく、実験を通してリアルに学んでいます。

また、後期の授業では、各自がファンクション・ジェネレータの製作に取り組みます。

 

今回の見学では、職業能力開発審議会のメンバーである、様々な分野のみなさんから、貴重な意見や感想をいただきました。

これらは、今後の検討課題とさせていただきます。

職業能力開発審議会のみなさん、並びに関係者のみなさん、ありがとうございました。

それじゃ≡3≡3≡3