平成28年3月9日(水)の交流会で、 電子技術科(塩山キャンパス)のN.K.君が卒業研究を発表しました。

2016年03月09日

平成28年3月9日(水)の交流会で、電子技術科(塩山キャンパス)2年のN.K.君が「エレクトリックビークルの設計・製作」について発表しました。 今回は、交流会でのN.K.君の発表について報告します。


交流会の会場となるベルクラシック甲府です。
当日は、あいにくの雨でしたが、交流会には、高校生の参加もあり、総勢で120名の参加者となりました!


交流会では、「学校説明」、学生による「課外活動の紹介」、各学科の代表者による「卒業研究の発表」があります。


電子技術科(塩山C)ではN.K.君が学科を代表して、「エレクトリックビークルの設計・製作」について発表します。
早めに会場入りして、担当の先生と最終チェックです。


はじめに学校説明です。
教務学生課の長久保さんと情報技術科の安本先生が、1年間の学校行事を、軽快なトークで面白おかしく紹介しました。


次は、学生による課外活動の紹介です。
このプランは、大学生観光まちづくりコンテスト2015 山梨ステージで、観光庁長官賞とJTB賞をW受賞しました。


課外活動の二つ目は、生産技術科(塩山C)と生産技術科(都留C)による「コマ対戦」です。
対戦の様子が、スクリーンに映し出されました。


休憩を挟んで、次は各科の代表者による卒業研究の発表です。
まずは、生産技術科の代表者による発表がありました。


さて、次は、いよいよ電子技術科(塩山C)の代表者N.K.君による「エレクトリックビークルの設計・製作」です。
担当の先生が、研究の概要説明とN.K.君の卒業研究でのがんばりを紹介しました。


N.K.君は、設計・製作を担当したエレクトリックビークルの自動運転システムについて発表しました。


GPS受信機によるエレクトリックビークルの位置情報の取得について説明しています。


途中、動画が動かないハプニングがありましたが、 120名の聴衆を前に、見事にアドリブで乗り切りました。


写真は、エレクトリックビークルを共同で製作した3人の学生たちです。

N.K.君、お疲れさまでした。2年間よくがんばりましたね。
就職してからも、エンジニアとしてがんばって下さい!