【就活☆れぽーと】模擬面接で面接試験をリアルに受験! 電子技術科(塩山キャンパス)1年生

2018年01月17日

 

こんにちは。あんどくんです!

電子技術科(塩山キャンパス)をPRしているよ!みんな、応援よろしくね☆彡

産短大では、毎年、これから就活を本格的にスタートさせる1年生を対象に模擬面接を実施しているんだよ。電子技術科(塩山キャンパス)1年生の模擬面接は、実際の採用選考を想定して、平成30年1月12日(金)に行われたんだよ。今回は、そのときの様子を土橋 講師が紹介するよ。

 

会場の様子です。はじめに、井上 准教授から採用選考(模擬面接)について説明がありました。

◆1次選考:集団面接

◆2次選考:作文と個人面接

 

1次選考の集団面接がスタートしました。

面接官は、外部講師の神宮司先生、阿部校長、有賀教務指導部長です。

学生たちからは、緊張感が伝わってきました。

 

面接以外の学生たちは、他のグループの面接を見学して、気付いたことや面接官のアドバイスをメモしていました。

 

1次選考が終わり、次は、2次選考の作文です。

テーマは『学生と社会人の違い』。原稿用紙2枚(800字)にまとめていきます。

 

作文と並行して、個人面接もスタートしました。

ノックをして入室です。

面接官: 「どうぞ、お入りください。」

 

椅子の左側に立ち、「山梨県立産業技術短期大学校の××です。よろしくお願いします。」といって一礼。

面接官: 「おかけください。」

「はい、失礼します。」

 

面接官の目をみながら、自然な笑顔で受け答えをしていました。

 

すべての選考試験が終わり、面接官を務めた先生方から、たくさんのアドバイスをいただきました。

 

1年生のみんな、模擬面接お疲れさまでした。今回の模擬面接で学んだことやアドバイスを本番にいかして、志望企業の内定を目指してがんばってこー ٩(`・ω・´)و

それじゃ≡3≡3≡3