デバッグ作業に悪戦苦闘!(電子回路製作実習I) 電子技術科(塩山キャンパス)2年

2016年05月30日

平成28年5月30日(月)の電子回路製作実習Iでは、ライントレースカーの試作回路をブレッドボード上に製作して動作確認することになりました。ところがデバッグ作業は悪戦苦闘に…。

今回は、その様子を紹介します。

 

(0)conv_1242

これまでに学んだライントレースカーの全回路を、ブレッドボード上に製作して動作確認します。

 

(1)conv_1243

だいぶ、できてきました!

 

(2)conv_1249

MA君できたかな?

 

(3)conv_1246

どうやら、MY君は回路が完成し、デバッグ作業に入ったようです。

 

(4)conv_1245

よしっ!

俺もがんばろっと!!

 

(5)conv_1240

さて、NR君ととなりのIA君の2人は、モータドライブ回路が思うように動かないようです。

 

(6)conv_1239

電子回路は、1カ所でも配線ミスがあると動きません。ホワイトボードの回路図を見ながら、先生と一つひとつ配線を確認していくことになりました。

 

(7)conv_1241

オシロスコープで波形を確認して、回路が正しく動作しない原因を探していきます。

 

(8)conv_1236

「NR君、波形はどうなった?」

 

(9)conv_1238

AT君も、先生にアドバイスをもらいに来ました。

今回は先生も大忙しです。

 

(10)conv_1247

KJ君が、完成してデバッグ作業も終了したようです。先生が、動作をチェックします。

 

(11)conv_1248

見事、センサに反応して、設計通りにモータが回転しました\(^O^)/

 

今回は悪戦苦闘して時間内に完成したのは2名のみで、残りの人たちは次回までの課題となりました。

デバッグ作業は大変ですが、回路が正常に動いたときの達成感はたまりませんねっ!