デバッグ作業完了! 電子技術科(塩山キャンパス)2年

2016年06月17日

今回は、平成28年6月17日(金)の「電子回路製作」を紹介します。ライントレースカーの製作に向けた試作回路のデバッグ作業(後編)と、基板配線図の作成とチェック作業についてです!

 

(0)conv1276

この日、授業が始まるとすぐに、試作回路のデバッグ作業を終えた学生たちが報告に来ました。

みんな放課後にがんばったそうです。

 

(1)conv_1278

ST君、問題なく動作しました。完璧です!

 

(2)conv_1277

MY君ですが、片方のモータの動きが、時々おかしくなります。配線をチェックしましたがミスはありません。

 

(3)conv_1282

そこで、部品を疑ってみました。問題なく動いたST君に部品を借りて、一つひとつ入れ換えてみました。が、どうしてダメです。

最後にダメもとでモータを入れ換えてみました。

動きました!原因はモータの不具合(>_<)

 

(4)conv_1281

正常に動いたMY君の回路です。きれいな配線ですよね!デバッグ作業も、すごくやりやすかったです。

 

(4_3)conv_1291

さて、授業の方は、試作回路のデバッグ作業と並行して、電子回路基板の配線図の作成とチェック作業に入っています。

MA君が、できあがった配線図を先生にチェックしてもらっています。

 

(4_4)conv_1290

IA君は、配線の仕方を先生に相談しています。「こうすればジャンパ線を使わなくてすむよ!」「さすがっ!!」

 

(5)conv_1286

MK君は配線図を完成させ、配線の最終チェック作業に入っています。

 

(6)conv_1284

蛍光ペンや色鉛筆を使って、回路図を見ながら、配線図の配線を一つひとつ確認していきます。

地味ですが、これが一番確実な方法なんです。

 

(7)conv_1285

ST君も、配線図の最終チェック作業に入りました。

 

(8)conv_1283

さて、HR君ですが、どうしても試作回路が動きません。(T_T)

どこに原因があるんでしょうか?

 

(9)conv_1296

先生もデバッグ作業に加わり、回路図を見ながら配線を一つひとつ確認です。

 

(10)conv_1295

さらに先生が加わり、3人でデバッグ作業となりました…。テスタで電圧を測定していくと、1カ所だけICの出力電圧がおかしい部分を見つけました。早速、ICを交換です。

 

(11)conv_1297

動きました!

なんと、原因はICの不具合(;´-`)

でも、苦労した分、達成感も大きかったようです\(^ ^)/

 

HR君、試作回路のデバッグ作業が終了してよかったですね!

引き続きライントレースカーの完成を目指してがんばりましょう。