学びのポイント

ものづくりのエンジニアを育成

これからの日本のものづくりに欠くことのできない基幹技術として「CAD/CAMシステム」「精密加工」「FA生産システム」があります。

生産技術科では、これらの技術を基礎からわかりやすく学び、ものづくり全体を見通すことができるエンジニアを育成するようカリキュラムを工夫しています。


次代を支える精密加工技術

海外のメーカーが台頭する現在、日本国内の企業には他国ではできない高付加価値加工が求められています。その中には、サブミクロン(1ミクロンの10分の1)単位の精度を要求される加工もあり、今後精密加工技術はますます重要となっています。

生産技術科では、加工実習の授業で少人数グループ制を採用しているため、学生一人ひとりが実際に機械を扱う時間が多く、個々の技能をさらに向上させることができます。


コミュニケーション&プレゼンテーション能力の向上

最近では企業の採用条件としてコミュニケーション能力を求められることが多くなりました。

生産技術科では、仲間と相談しながら問題を解決することや、製作課題など様々な取り組みについて発表する機会を設けることで、コミュニケーションやプレゼンテーション能力向上を目指します。


やってみよう インターンシップ

生産技術科では、全員が短期インターンシップに参加します。企業の生産現場で実際に仕事を体験し、現場の雰囲気や将来に向けての心構えを確認します。また、学校で学ぶ必要性をしっかり理解できたり、先輩社員とのコミュニケーション能力の醸成にも寄与します。

カリキュラムガイド

手描きによる機械製図

設計者たるもの、正しく図面を読み、正しい図面を描くことが求められます。まずは、手描きでの製図をとおして機械製図の決まりを学ぶともに、設計プロセスを知り、設計力を養い、CADの性能限界にとらわれない自由な設計思想を持った人材を育てます。


CAD/CAM実習

CADとは、コンピュータを用いて設計・製図を行うシステムです。生産技術科では、CAD/CAMシステムの基本機能をマスターし、2次元CAD・3次元CADを使った機械設計、3Dプリンタによる試作から数値制御工作機械による加工までを学び、自ら設計、試作、製作できる人材を育てます。


数値制御工作機械による実習

切削工具の経路をプログラムし、自動加工を可能にする数値制御工作機械の実習を行います。加工プログラムや段取り作業について学び、数値制御工作機械を使いこなせる人材を育てます。


自動化システムの設計・製作

ロボット、自動化ラインといったファクトリー・オートメーションシステムの制御について学びます。近年、製造業分野に普及しつつあるIoT(Internet of Things:インターネットを介して情報通信機器とものを結ぶ技術)に繋がるコンピュータ制御を学び、これからの社会で活躍できる技術者を育てます。